サドな年下の男の子に、拷問フェラ&言葉責めで完全に性の道具にされました【エッチ体験】

「最近Hしてないから

たまってるんだよね~

ねーヤラせてよ」

一昨日会社の飲み会の帰り、

3期下の男の子に強引にキスされて、

耳もとでこう囁かれた時に

落ちてしまいました。

[adrotate group=”1″]

相手の男の子は既婚者で

奥さんが出産のために

里帰り中というミもフタもない

シチュエーション。

馬鹿にすんのもいいかげんにしろ!

というこの誘い文句なのに、

なぜか腰はガタガタで、

もう一度深くキスをされた時には、

恥ずかしいほど濡れてしまっていた。

スカートの中に手を滑り込ませた彼は、

ニカッと笑って

「先輩、だらしないですね」

はい、だらしないです

そのままホテルに直行して、

下だけ脱がされ前戯なしの挿入。

カレはスーツのまま、

自分勝手に動いてうめき声をあげて

果ててしまった。

本当にたまっていたらしく、

私の中で彼の物はビクンビクン

びっくりするほど長い時間はねていた。

一緒にシャワーを浴びながら

今度は普通に2回目、と思ったら、

無理矢理にくわえさせられ、

後頭部をつかまれての強引フェラチオ

上からはシャワーをかけられ、

鼻からお湯が入ってきて苦しくて

訳の分からない拷問フェラで

何度もむせているうちに、

口の中に出されてしまった。

私はずぶ濡れのまま

ベッドに寝かされると、

右手首と右足首、左手首と左足首を、

ネクタイと浴衣のヒモでしばられ、

カエルのような恥ずかしい姿勢で開かされた。

「先輩、まんぐり返しですよ」

って嘲り笑いながら

耳から下へ降りてくる丁寧な愛撫。

まだ20代なのに

中年のおじさんのようにネチっこい舌遣い。

「アンタは本当は

こうされるのが大好きなんだよ」

「いやらしい女、

縛られてよがってるよ」

「これくらいで声あげちゃうなんて、

今までどんなヘタレとつきあってきたの?」

「どこになにを入れて欲しいか、

自分でちゃんと言わないとだめだよ」。

舌と言葉で責められて、

私は生まれて初めてセックスでイッてしまいました。

今までは、愛情の交歓としての

セックスしか知りませんでした。

でも、性の道具にされてるあの感じ。

理性が全部飛んでしまって、

自分の身体が欲だけに支配された時、

あんな風に反応してしまうことを知って、

ショックでした。

もしかして、自分にはサドな男性の方が

Hの相性良いのかもしれません

でも普通の愛しあうようなSEXのが好きなんですけど

体は正直で、またあの年下の彼に

イジメられたいって思ってしまっているんです



PAGE TOP