惚れていた部下が泥酔したのでアソコをくんくん嗅ぎながら・・【エッチな体験談】

新人教育してた娘が泥酔あくまでネタという事で・・・同じ会社の新人Yさんとの話。

新人教育をしていた俺は、新人の彼女に惚れていた。

告白もしたけど断られた。

一度だけキスもできたけど、それでもダメだった。

それでも彼女と何回か飲みに二人でいった。

彼女は、異性とはこういう関係OKだったみたい。

飲むたびに仕事悩みとか色々相談に乗ったりした。

ある日猛烈に飲んだ日があった。

「もっと飲もうか」

誘ってみた。

終電なくなりそうだったので敢えてそう言った。

Yさんは

「そうだね」

と言ってくれた。

「誰かに聞かれないよう二人きりで飲もう」

そう言ってホテルに誘った。

脚元フラフラなYさんはそのまま付いてきてくれた。

ラブホテルのふかふかのベットに上に座ったYさんは、即効で寝てくれた。

白いシャツのボタンを上からはずした真っ白なブラが現れた。

すぐにでも抱きつきたかったけど、網タイツを脱がせにかかった。

「ん~、ん~」

と寝言を言っていたが、起きないでいてくれた。

スカートを少し強引に脱がせ、ブラをは外さず上にずりあげた。

我慢できなくなったから、めちゃくちゃ興奮し抱きついた。

半開きの唇に軽いキス。

俺「いい?」

Yさん「・・・ぅん」

ゆっくりと胸を触る。

乳首は軽く舐めて愛撫。

Yさんの下半身へかわいいパンティの臭いを嗅ぎながらゆっくりずらしてアソコを指で撫でる。

アソコから「くちゅ」って可愛い声がする。

好きだったYさんを初めて抱く。

あの丸いお尻を、小柄で柔らかいおっぱいを、清純そうな身体を好きにできる。

妄想で何度も抱いたYさん。

フラフラなYさん

「だめぇ・・」

腰を浮かして俺の指から離れようとするYさん。

Yさん「ねぇ・・・よくないよ・・・こんな事」

俺の手をぎゅと握り、火照った顔で拒むYさん。

しかしYさんの身体はそうじゃない。

ゆっくり腰を落とすYさん。

そして指とクリが触れ合う。

俺は何もしてないのに・・・熱い汁と指が触れ合うYさんの下半身は、俺を欲しがっている。

俺はぐいっとパンティをずらし、アソコが丸見えに。

もわっとしたアソコの臭いが強烈。

Yさんのアソコをくんくん嗅ぎながらアソコに指をなぞる。

Yさん「ん~、ん~、はぁ…ん。こんな事・・・こんなのって・・・ねぇ・・・絶対に、絶対に・・・」

聞いた事のないかすれた声でピクピク悶えるYさん。

Yさんは自分から腰を上下に動かし、俺の指をクリに強くすりつける。

ああ、エロすぎるよ。

Yさん!もう我慢できない!

アソコを舐める前に告白してキスしたい。

Yさんと1つになりたい。

パンティは舐めやすいように片足だけ脱がす。

そう思い、ゴムを付けYさんの顔を見つける。

Yさんを抱きよせて、

俺「Yさん。好きだよ」

と告白。

しかし、Yさんは横を向いたまま返事がない。

Yさんは自分から俺のアソコを掴み、俺のさきっちょをクリに擦りつける。

そのままゆっくりとYさんと1つになった。

Yさん「んああっ・・・」

くちゅくちゅに動くYさんのアソコ。

大人しくて清純なイメージのYさんがこんなにいやらしかったなんて!

告白は受けてもらえないのに身体だけなんて。

頭のなかで何かが弾けた。

激しく犯すように腰を振る。

Yさん「お願い・・・。服脱がして」

俺「やだよ・・・。このままでいい」

シャツを着てブラを上にずらしたままのYさん。

思いっきり胸を揉み、キスをする。

片足を持ち上げて肩にのせ激しくピストンを繰り返す。

最後は彼女の上半身に熱いものをぶっかけました。

彼女との身体の関係はそれっきりでしたこの後のデートで

「もう(二人きりになるの)よそう」

と言われたから。


PAGE TOP