バイブに犯される私を楽しんでいる彼氏【エロ体験談】

この間の話を聞いてください。

私は特にSMプレイをしているとかではないのですが、彼の希望でバイブをいれっぱなしにされたんです。

それも、あそことお尻の2箇所。

まだ濡れていなかったんですが、無理矢理押し込まれスイッチを入れられました。

しかもベルトで固定されて、暴れても抜けない様にされました。

すぐに私は大洪水です。

私は彼が見ている目の前でものすごく感じてしまいました。

下半身がビクビクし、動けなくなり四つん這いになって、おでこを床にくっつけて必死に我慢します。

容赦なく襲ってくる快感に体が震えてコツンコツンと床におでこが当たります。

やがて私は大きな声をあげあっけなくいってしまいました。

でもそこからが凄かったんです。

さすがにバイブは疲れを知らないから、私が逝ったにも関わらず、どんどん攻め続けます。

私はヒイヒイ言いながら床を転げ回り、3回も4回も連続で逝ってしまいました。

どんなにタフな男でもこんなに続け様に私を逝かすことはできないでしょう。

出来るとしたら大勢に回されることくらいでしょう。

そんなこと考えていたら、何度も逝った後なのに、また上がりつめます。

あそこは連続した刺激におかしくなっていき、意識が遠のいて行って、ただ体がピーンと硬直していった。

後で彼に聞いたんですが、口は開きっぱなしでヨダレを垂らし、何度も何度も痙攣していたそうです。

私は感じすぎると痙攣をするんです。

相手が男性ならそれでひるむんですが、機会はそうもいきません。

彼はいつもは優しい人だけど、私が痙攣するととても喜んで失神するまでやりまくるような人ですから

ほったらかしです。

まさにこの世からあの世に逝っちゃてる感じです。

ダラダラとおしっこをるのが分かりました。

彼はいつのまにかビデオを回し、おしっこの床に転がりまくる私をとり続けます。

でも隣で誰が何を、私にはもうどうもできません。

わたしは身動きが取れない状態でした。

いわゆる失神状態です。

このままだと壊れてしまうなと思いました。

これまで何度も壊れてしまいたいと思うようなすごい快感に襲われたことがありますが

いつも男の人の体力が持たないんです。

次々に男性に襲われ、壊される妄想がついに叶うのです。

バイブって本当にすごい。


PAGE TOP