彼女が職場の先輩に寝取られてたSEX体験【エッチな体験談】

俺には付き合って2年の彼女がいました。

当時の彼女は26歳。

付き合ってたわけだからそれなりに可愛いと思う。

俺は見慣れちゃってたからそうは思わなかったけど、友達からは小西真奈美に似てるって言われてた。

あんなには綺麗じゃないけど、ムッチリしたスタイルはなかなかだと思う。

友達のカップルとかで海に行った時に、お前の彼女エロ過ぎって言われたし。

まぁそんな彼女と付き合ってたわけですが、先月別れることになりました。

その別れる原因となった話を投稿します。

会社で2才年上の玉井という先輩がいます。

俺は新入社員の頃から面倒をみてもらっていたので、割とイイ先輩ってイメージでした。

でも先輩の同期や上の人はあまり好いていないらしく、理由を聞いても

「まぁ~別に・・・」

っていうんです。

ハッキリした理由も無くみんな同じような事を言うので、何となく変な感じはしてました。

俺の同期や後輩たちは

「そんな嫌われる要素ある?」

って思ってましたし。

先輩よりも年下の奴らには、嫌われる理由がまったく分からないという先輩でした。

彼女と付き合い出してから少しして、玉井に彼女を会わせています。

仕事帰りに彼女と待ち合わせをしてて、その時に少しだけ挨拶したって感じ。

その後は何回か一緒にメシを食ったりもしましたけど、別に怪しむ感じではありませんでした。

だいたいこの玉井ってのは女癖が悪く、彼女もコロコロ変わるしセフレも数人いるという男。

女の知り合いが多くて合コンにもよく誘われました。

俺は彼女がいたから

「どうしてもメンツが足りない」

って時しか行った事はありませんでしたが。

結構酒好きなヤツで、泥酔して気が付いたら路上で寝てたとか、玄関の扉の前で座って寝てたとか、やっちゃった話をよく聞いてました。

合コンの時も泥酔して家まで送った事も数回あるし、何度か携帯や財布も無くしているらしい。

そんな玉井でしたが、先輩だったから普通の付き合いはしていたんです。

先月の初旬に、また玉井から合コンの誘いがありました。

どうしても来てくれと言われたので彼女に了解を取り、メンツ合わせの為に参加しました。

毎回凄いのは、玉井が集める女の子のレベルの高さです。

渋谷や新宿などのショップ店員の女の子がその日は集まっていました。

聞いた話だと、主催してくれた女の子は、玉井に店内でナンパされたらしい。

多分楽しかったんでしょうね。

女の子達は玉井を妙に持ち上げてましたし、ノリノリで呑まされまくってましたし。

結局泥酔した玉井を俺が面倒みる事になり、それの付き合って玉井がナンパした女の子ともう一人の女の子が残ってくれました。

カラオケで寝かせようとなって、4人でカラオケに行きました。

初っ端から玉井はソファーを陣取って爆睡し、俺ら3人はシカトして歌ってました。

1時間ぐらい歌った後は、呑みながらマッタリ過ごしてました。

「この人女遊び凄いんだって?」

「そ~かねぇ~?いつも一緒にいるわけじゃないから知らないけど」

「今日も変な事になると嫌だから飲ませたんだよねぇw」

「そうなんだwじゃ一応作戦成功か」

呑まされてた理由がそれで分かりました。

主催の女の子が言うには、お店の後輩や友達を食われない為にしたんだって。

じゃ~合コンなんてするなよ!って思いますが、しつこいから1回だけ付き合ったんだって言ってた。

「この前呑んでた時も凄い話してたよ」

「ん?何が?」

「この男、セフレが何人かいるって言い出してさ」

「あぁ~そうなんだ。モテるからねぇ」

「でも人妻とか彼氏いる女とか平気で食っちゃっるって言ってたよ」

「へぇ~そうなんだ」

「男がいる女の方が萌えるし簡単に食えるんだって言ってたし」

「へぇ~そんなもんかねぇ」

玉井が寝ているとはいえ、よくこんな事を喋るもんだなぁ~と思いながら付き合ってました。

ベラベラ玉井が喋った女関係の話をしていて、それをネタに玉井をケナしまくりです。

女の敵でしょ!ぐらい言ってたので、なんで仲良くしてるのかが不思議でした。

だから気になったので聞いてみたんです。

「でもそんな事言ってても、先輩と遊んでるんでしょ?」

「まぁ~~ねぇ~~~メシ代浮くしw」

「えぇ~それだけじゃないじゃん!」

「ちょっとヤメてよぉ~~」

「えっ?何が?」

2人がジャレ合うような感じになったので、それを黙ってみてました。

言わないでしょ!イイじゃん!何で言うんだよ!ウケるから!

そんな事を言い合ってる内に、友達の方が暴露してきました。

「そこの人、超エッチがウマいらしいよw」

「へぇ~~そうなんだ。だから仲良くしてんだ?」

「何でいうんだよぉーっ」

「だって前に言ってたじゃんw大きさも動きもヤバいってw」

2人はそれから玉井のセックスについての会話をし始めました。

聞いてみると確かに凄いらしい。

まずクンニが抜群にウマいらしい。

舌の動きがヤバ過ぎて、それだけでイケるとまで言ってました。

それからチンコの大きさ。

デカいわけじゃないんだけど、丁度イイ長さに少し太めでカリデカらしい。

感じてくるとこのカリデカが威力を発揮するみたいで、抜かれる度に喘ぎ声が出ちゃうほど気持ちイイんだとか。

腰の振りも凄くて、これにはさすがにビックリしたって笑ってた。

普通の男は出し入れをメインに動かすのに、玉井は擦りつけるようなグラインド系がメイン。

クリが擦れて気持ちイイんだけど、それ以上にカリデカの亀頭が子宮にヤバいほど当たりまくるんだとか。

初めてそれを体感した時は、思わず気が遠退きそうになってイッたと爆笑してた。

主催の女は最近彼氏もいないから、メシ代と性欲を玉井が満たしてくれるんだってさ。

だけど浮気症だから、後輩や友達が食われるかと思うと心配だったんだって。

単にお前も自己中なだけじゃんと思いながら、一応ニコヤカに対応してた。

基本的に下品な女は好きじゃないので、俺は早く帰りたい一心。

「じゃ今日は先輩と泊まったら?」

「今日は無理ぃ~女の子の日だもんw」

というわけでやっぱり俺が送る事になり、カラオケを出てタクシーを拾った。

マンションの前にタクシーを待たせたまま部屋に連れて行き、玄関先に寝かせて帰って来た。

家の前に到着したのでお金を払って外に出ると、すぐに運転手さんが外に出てきた。

「お客さん忘れてませんか?これ」

何?と思って手を見ると、そこには携帯が握られてました。

あぁ~これは玉井の携帯だ・・とストラップを見て一目で分かりました。

「あぁ~スンマセン、有難うございます」

そういって携帯を受け取ったが、もう届ける元気もないのでそのまま帰宅した。

寝ようとしてからふと携帯を思い出し、やっちゃいけないけどイジってみる事にしました。

でも開いてガッカリ、しっかりとパスワード設定にしてあります。

誕生日を入れてもダメ、会社で使う番号を試したけどダメ。

アホみたいに30分ぐらいは試しましたが、どうにも解除する事はできませんでした。

もう寝よ~と思った瞬間、メモリーカードの存在を思い出しました。

玉井はメシ食ってても頻繁に写メを撮ってるんで、もしかしたらハメ撮りもあるかもしれない。

そう思った俺はPCを立ち上げて、メモリーカードを指してみました。

まさにビンゴでした。

見てみると沢山の写メの中に、女が写っている写メがチラホラありました。

普通にメシ食ってたり酒呑んでる写メも多いんですが、やっぱりありました。

いきなり全裸で写っている女の子の画像が。

20代前半らしき若い女の子でしたが、巨乳でスタイルはかなりイイ方です。

その子の写メが何枚もあり、数枚目にして初めて玉井のチンコを見てしまいました。

女の子が笑顔で亀頭を舐めている写メでしたが、そのカリデカと太さにビックリでしたね。

言われてるだけあるなぁ~と感心してしまいました。

その後にも次から次へとハメ撮り写メが出てくるので、楽しくなってきて全部チェックし始めました。

ウケたのはさっきまでカラオケにいた女の子のハメ撮り画像もあった事です。

あんな自信満々な事を言ってくせに、玉井のチンコを笑顔で舐めてるし、よがった顔まで撮られてました。

今日見た限りだと胸もデカそうだったけど、写メ見たら貧乳ちゃんだったしw

剛毛な陰毛でモサモサしてたから、これでクンニはキツイだろうなって笑ってしまいました。

楽しいなぁ~と思いながら見ていて、思わず手が止まりました。

思わず身落としそうになったんですが、あれ?っと思ってクリックしてみたんです。

画像が大きくなった時、一気に目が覚めたし酔いもぶっ飛んだし、呼吸する事すら忘れていました。

玉井のデカチンの裏スジ辺りを舐めている女の写メだったんですが、目の下辺りから下だけが写っています。

あれ?この子って彼女に似てるな・・・

あれ?マジ?何で?

鼻とか舐めてる時の口の表情とかソックリじゃん。

えっ?何これ?

焦った俺はその写メから後半になる写メを片っ端から見ていきました。

ハメ撮りだけではなく全ての写メを見ていきました。

そしたらすぐにあり得ない写メが出てきたんです。

なんと玉井の部屋らしき風景の中に、彼女が笑いながらお茶を飲んでる写メが。

もう今度は顔がバッチリ見えていたので間違いようがありません。

画像のプロパティを見てみると、その画像は1年ぐらい前に撮られたものでした。

なんで彼女が玉井の部屋に・・・って事はさっきのフェラ写メは彼女なのか?

緊張しまくりながらも次々に写メを見ていきました。

数枚目には彼女が布団の中に入っていて、TVを見ている写メがありました。

どうみても上半身が裸らしく、布団で隠れてはいましたがブラすらしてないようです。

そして決定的だったのがその数枚後にありました。

完全に彼女の顔がバッチリ写ったフェラ写メがでてきたんです。

しかも数枚あって、カメラ目線で笑いながらしゃぶっている写メもあります。

そしてついに、見覚えのあるオマンコに突き刺さってる写メまでありました。

放心状態で何が何だか分からない状態です。

他にも無いか、もっとあるんじゃないか、そんな事しか考えられず、無我夢中で写メを見ていきました。

白濁色の汁を玉井のチンコに付着させて、オマンコにブッ刺さってる写メ。

アナル丸出しでバックから入れられている写メ。

全裸でベッドの上にあぐらをかいて座っている写メ。

何枚も何枚も出てきます。

最後に出てきたのは見覚えのあるオマンコのドアップ。

彼女自ら左右に指で広げているので、膣穴や尿道、クリトリスまでがハッキリ写っている写メでした。

この写メのプロパティを見て、もっと衝撃を受けました。

なんと2週間ぐらい前の日付になってたんです。

カレンダーを見て思い出したのは、確か彼女が友達と呑みに行った日です。

普通に終電で帰って来たと電話があったので、軽く喋って電話を切りました。

だからギリギリまで一緒にいたのか、家じゃなくて玉井の家から電話を掛けてきていたのか。

さすがに何が何だか分からない状態になってしまい、どうして良いのか分かりませんでした。

煙草を吸ってビールを一気に飲み干し、冷静になろうと努力しました。

でもまったく落ち着くなんて無理な話でしたし、心臓がバクバクしていました。

立て続けに煙草を吸っていると、ある事を思い付いたんです。

もしかしてムービーなんてないよなって。

もうこの時点で恐る恐るって感じでした。

中身が見えないので1つ1つ確認していくのですが、結構な量があります。

そこで1番古いであろう写メの日付と新しい日付をもとに、チェックしてみる事にしました。

それはすぐに見つかりました。

ちょっとブレてはいますが、明らかに彼女がフェラしているムービーが。

短いムービーばかりでしたが、喘ぎまくってるムービーまであるんです。

無の状態でただひたすらムービーをチェックしてました。

衝撃的だったのは、運転席に座る玉井のチンコを舐めているムービーです。

見覚えのあるシャツを着ている彼女が、身を乗り出して舐めていました。

わざわざ玉井が彼女の髪を掻き上げているので、顔がモロに丸見えでした。

椅子からずり落ちそうなほど体から力が抜け、思わず頭を抱えてしまいました。

なんでこんな事になってるんだろうって。

こんな事ってあるかよって。

俺と2年も付き合ってたのに、その半分は会社の先輩でもある男と浮気してなんて。

そのままベッドに潜り込み、どん底の地獄を味わいました。

全く一睡もできぬまま朝になり、出勤する用意をしていて携帯に目が止まりました。

瞬間的に怒りが込み上げてきた俺は、そのまま携帯を叩き折ってしまいました。

出勤途中の電車の中や歩いている記憶すら飛び飛びで、気が付いた時には会社の机に座っていました。

どのぐらい座ってたのか分かりませんが、

「よぉ~~お疲れぇ~~」

と後ろから肩を叩かれて一気に覚醒しました。

玉井がぐったりした表情で声を掛けてきたんです。

「昨日送ってくれた?わりぃ~なぁ~。なんか俺携帯無くしたみたいでさ・・・」

もう体が勝手に反応してしまいました。

そのまま立ち上がった俺は玉井の胸倉を掴み、そのまま後ろのデスクに思いっ切り叩き付けていたんです。

周りは騒然としたらしく、すぐに近くにいた上司たちが止めに入ったようです。

凄い力で掴んでいた俺を3人がかりで羽交い絞めにし、玉井を離れた所に移動させてました。

その後部長やら上司3人のいる部屋に玉井と俺は呼ばれ、どうしたのか説明しろと言われました。

恥ずかしくて言えるわけありません。

俺はずっと無言でしたが、玉井はヘラヘラしたまま

「分かんないっす」

と連呼してました。

多分何かを察したんだと思います。

部長1人が部屋に残り、俺にも残れと言ってきました。

言いたくないのかもしれないけど、誰にも言わないよう処理するから言いなさいと。

黙っている俺に部長は優しく言ってきました。

お前と玉井のどちらかを解雇するなら、私はお前を残したいと思ってると。

このままじゃお前が解雇で、玉井が残る事になるんだぞと。

彼女も寝取られて終いには仕事まで奪われるのか?!

そう思ったら堰を切る様に、俺は彼女の事を喋ってしまいました。

そのまんを喋り終えた後、部長は溜息をついていました。

「お前もか・・・」

って。

えっ?と聞き直すと、部長は吸っちゃいけない部屋なのに煙草を吸い出しました。

お前も吸っていいぞというので俺も吸いましたが…。

吸い終えた部長は、昔の話をしてきました。

俺が入社する1年前の話。

ある男が大学の時から付き合っていた彼女を、玉井に取られたっていう話。

2人は同期で一緒に仕事もしていたらしい。

偶然その事実を知った彼は、俺とは違って飲み屋で玉井を殴ったらしい。

一方的にボコボコにしたらしく、そのまま警察が来て連行。

理由はどうであれ、警察が介入してしまったせいで、その男はすぐに解雇。

残った玉井はシレーッとしていたが、その話を実は社内でも噂になったみたい。

玉井本人は

「誰も知らないだろう」

って思ってたらしいが、今いる同期以上の人間はみな知ってるという。

その後俺は異例の早さで違う部署に飛ばされたが、玉井はリストラ対象になってた。

今月になってリストラとなった玉井と入れ替わって、また俺は元の部署に戻りました。

全て部長が動いてくれたって数日後に聞いたんですけどね。

彼女とは浮気を知ったその日から連絡を入れてませんでした。

初めこそメールや電話がありましたが、それもすぐに無くなりました。

まぁ~そんなもんだろうなって思ってましたから、別にどうでもイイって感じで。

忘れようと努力していた先月末、彼女からメールが届きました。

玉井から聞いたんだと思います。

俺が殴りかかった事と携帯が無い事で、玉井も気が付いたと思うし。

彼女のメールはひたすら謝りの内容でした。

なんともエロくもない話で申し訳ないです。

吐き出したい気持ちと誰かに聞いて欲しい気持ちで、つい投稿してしまいました。

こんな楽しくも無い話に付き合ってくれて有難う。

これで投稿を終わります。


PAGE TOP