メル友最盛期にデブス女のおまんこに思いっきりザーメンをぶっ放してやった話【エロ体験】

メル友最盛期に、メル友掲示板で

知り合った21歳の歳♀を面接した時の体験談です。

面接っていうっても、雇うとかじゃなく

実際に会う事をメル友の仲間内で

面接って言ってたんですよw

まぁそんな訳で、リアルに会う前にも

事前に写メはもらっていて、

写メを見る限りはちょいブスぐらいかな?

と思いながら行きました。

駅で待ち合わせたところ、

いくら待っても来ない。

帰ろうとする→メールが来る。

の繰り返しでなんと三時間経過

それだけ飢えていた自分なんですが、

やっとのことでご対面。
徐々に近づいてみると

ん??なんか変じゃねーか?

例えるなら松井秀喜を上から潰して、

肉を付けた感じ。肌は荒れ荒れでした。

で、一瞬どうやって帰ろうか考えました。

しかし、すでに逃げれる距離でもなく、

そのままご対面。

むこうはものスゴい乗り気らしく、

テンション高め。

ホ テルまでの道のり

「私、ブスでしょ~?」

とそんな気持ち微塵もない感じで

何回も聞いてくる。

超ブス過ぎて言葉出ない自分

ホント~に逃げたかったんだが、

慣れた感じでゴジ子の行きつけのホテルに到着。

そのまま入室

部屋は年末ってこともあり、高め。

しかも急に金ないとか言って、

九割こっち持ち(–;)

部屋に入ると、とりあえずテレビ見る。

いろいろ個人情報を探ってくるゴジ子。

テレビがん見でシカトしまくる自

我慢できなくなったのか、

目の前で挑発してくるゴジ子。

自称巨乳という話どうり、

確かにデカいおっぱい。

しかもデブスで三段腹。

20代なのに50歳の年増のババアみたいな体型しているw

最初は気持ち悪いと思っていた自分だが、

三時間も待った性欲がだんだんと復活してくる。

もう顔は見ないことにした自分。

そのゴジ子のデカパイを揉みまくり、

ブラを強引に取る。

その間ゴジ子はあえぎ続ける。

声だけは意外と良い。

胸が感じるらしく、すぐに乳首が堅くなる。

早く入れたいので、そのまま手マン。

すでにゴジ子は洪水状態。

1、2分手マンしたあと、フェラを命じると、

喜んでくわえるゴジ子。

そこで異常発生

異常発生なんと超絶のテク!

これまで10数人にフェラされてきたが、

ものスゴい上手い。

ブスでデブなのに半端ないフェラテク

不覚にもイキそうになり、

やめさせようとしたが、勝手にパイズリに移行するゴジ子(・・;)

もうモードに入っているので、

「イキそうなんだけど」と言うと、

ゴジ子が「えっ?じゃあ顔にかけて」

という信じられない答え

そのまま3日溜めたおれのを

ゴジ子の顔面にぶちまけてやった。

ブスに顔射すると、かなりスッキリする。

ゴジ子は顔に付いた精子を舐めながら、

自分の股をさわりながら、

「こっちにも頂戴」と言い出す。

「えっ?(゜Д゜)」

という状態になりながら、即復活するおれ。

会う前の約束どおり、生で挿入。

中は…意外と締まりがあり、

生だけあって気持ち良い。

股を開かせようと、足を持つとすね毛を剃って

一週間ぐらい放置したのか、

ジョリジョリ…そこで若干萎える自分(=_=;)

相変わらずゴジ子はあえいでいる。

胸と腹がタプタプ揺れると、

またまた萎える。

しかも、キスを求めてくるゴジ子

それをかわしながら、バックに移る。

ゴジ子はバック初らしく、

照れた顔を見せるが、顔をガン見すると萎えるので、シカト。

バックにしたのはいいが、

ケツが…ケツがデカいし汚い

AVでもみる、赤いぶつぶつがいっぱいある感じ・・・

これ以上萎えると本当に萎えるので、

自分の頭の中で好きなAVのシーンを

妄想しながら突きまくる。

ケツを叩くと「痛いよぉ」と言いながら喜ぶゴジ子。

もはや限界が近づき、

「どこに出して欲しい」と聞くと

「口…中でもいいよ」

「マジで?出しちゃうよ?」

「いっぱい出して」

というやり取りした後、

思いっきり中出し

このデブス女のおまんこに

思いっきりザーメンをぶっ放してやった。

その時が人生初の中出しなんだけど、

逝った瞬間がマジやばかったwww

あれ?俺何やってんだ?

このブスが妊娠したらどうすんだよ・・

ってエロモードから一気に鬱モード。

でもこのブスはエヘヘヘ嬉しいって

逆流してきておまんこから垂れる

精液を手ですくいペロペロと舐めてるの。

それがまた化け物みたいな姿で、

さらに後悔しまくり。

「美味しいぃよ」って言いながら

たぶんゴジ子本人は可愛く演じているつもりなんだろうけど

賢者モードになった俺からすりゃ

豚の妖怪が餌喰ってるようにしか見えないんだよ。

もうやだ・・こいつからとにかく離れたい・・

と思ってシャワー浴びに行こうとすると

お掃除フェラ。

そう、あの超絶フェラテクでまたムクムクと

勃起してしまう。

そうなると、当時若かった俺はまたこいつを

無茶苦茶に抱きたくなってしまって

再び、中出し。

そして鬱という流れを合計3回もやってしまった。

結局この糞ブス女は妊娠しなかったから

良かったけど、俺の中で超怖い体験だった

性欲に負けて、馬鹿な事して

ヘタしたら最悪の事態になっていた。





PAGE TOP