嘘で自宅に呼び出され処女を奪われたレイプ体験【エッチ体験】

男子はともかく、その母親とは町内サークルのお付き合いで、以前から結構仲が良かった。

で、「母からことづかってる物がある」とのことで、
学校帰りに家に立ち寄ったら、通されたのが応接間。

「ことづかってる」は嘘だった。

男子から“一応”告白されたが、私は当然、拒否。
帰ろうとしたら、いきなり襲ってきた…。

まったく油断してた。
その男子が、そんなことをやるようなキャラクターだとは、本当に思えなかった。

もちろん、最後の最後までありったけの力で抵抗したし、
やはりその時も泣き叫んだけど、誰も助けに来てはくれない。

家の中は、男子と私だけだった。

制服は脱がされなかったけど、ショーツだけ引き下ろされた格好で、
男子の挿入を許してしまった。

その後、2度ほど男子の家に連れて行かれた。

その頃までは叔父の影響があって、脅迫っぽい言葉
(いま想えば、何てことはないけど)に屈してしまう私だった。。

その男子はすぐ射精する割に、
何度も身体に乗っかってきては、また挿入を繰り返す…というやり方。

男子が満足して解放される頃には、私もぐったりするほど疲れきった。

その男子は、クラスの中で女子にも同性にも人気のない奴だった。
運動ダメ、勉強ダメ。
老けて視られて、アダ名は“ジイ”だった。

みんなと会話を交わすこともほとんどなく、
唯一たまに話をするのは、お母さんとお付き合いがあった私ぐらいだったと思う。

そんな男子だったが、ずっと不思議に感じてることは、
最初に挿入してくるまでの手際が、妙に手慣れていたこと…。

モテる奴ではなかったし、
童貞だったかどうかの話などもしなかったけど。

あんなに手際よく女性の恥部を探り当て、
素早く押し込むことが出来るものなんだろうか?
いま振り返っても、謎なのです。

レイプ経験が無いとしても、
妙にセックスに慣れていたような記憶があります。

誰かの手ほどきを受けてたのか???
う~ん(*_*)
ほんと、よく分かんないや。。

クラスの男子は、まったく避妊を考えてなかったのでは?…と思ってます。

「妊娠したら、学校を辞めてゆりかと結婚する!」
なんてことを真顔で口走ってましたから、本当に怖かったです。。


PAGE TOP