外人のディープにとろけたセックス体験【エロ体験談】

17の春、一人旅でアメリカに行ったとき、名前も知らない外国人に。

旅も終わりに近づいた頃、街角で地図広げてると、「やあ、綺麗だね」

日本語だとヘンだけど、よく言われてた。一日5回くらい。大体黒人に。

でもそのときは、ブラピ風のカッコイイ人。後で聞くと、実際モデルやってたらしい。

「彼氏はいるの?旅行者?どこからきたの?これからどうするんだい?この近くの○○で働いてるんだけど、キミになら特別に社内を見せてあげるよ。」

外人は好みじゃないし、日本でデートだけしてる人が2人いて、迷ってた状態なんだけど、

「用事があるから一時間半後には帰す。せっかくの旅だし見たいだろ?」 と、○○に惹かれ承諾。

この時点でわかってはいたけど、気付かぬふり。で、ついてくと本当にIDカードが必要な場所を見せてくれました。大感激。

中を大体見終わって隣に座って世間話してたとき、「本当に綺麗だ。彼氏いないなんて信じられないよ。…一回だけでもキスさせて」

「でも」「お願い」

バードキス→ディープキス。ちなみにディープ初でした。くちゅくちゅ、いいもんだね。薄暗くいい雰囲気の空間、ふかふかのイスに座って、二人きり。

「耐えられなくなっちゃった。ねぇ、していい?」
「え、それはちょっと」

「そんな、哀れんでよ。こんなになっちゃってどうすればいいの?」

またディープ。とろけた。このとき自分がディープに超弱いことに気付きましたw

「せめて口とか」「いや…」
フェラも未経験。

「じゃあ、自分でするのを見てるだけでいいから」 「…それなら」

承諾したことを確認し(手慣れてる)、またディープ。既に濡れてた。

洗面所に移動して、彼は立派なモノを取り出した。本当にでかかったw

「気に入った?可愛いだろ。触って。」 「うん…」
手コキ。あれ、既に約束と違うw

「あぁっ。ね、suckしてよ」「suckって?」

「口ですること」 「え、でも…やったことないし」

「ホントに?やってみるべきだよ。教えてあげる」
激しくディープして「お願い」。

外人空気読み過ぎ。このコンボに本当に弱かった。初めてだから下手だったみたいで、そのうちまた手コキ+ディープに戻った。

もうとろけてわけわかんなくなってたとき、「pussy濡れてる?」

なんだろって考える暇もなくまたキスされ、同時にチャックを下ろされてた。

「ちょ…何やってるの?」
「wow!こんなに濡れちゃって。俺のこと好き?」

手マン→クンニ。くちゅくちゅ響いて、大洪水だった。Bまでやってたけど、あんなになったのははじめてだった。

「綺麗だ…ねえ、いいでしょ?」あえいで返事なんかできない。

でもどうみても拒否してない。かすかにうなずいたのを見て取って、貫かれた。

猛烈に痛かったけど、口も塞がれてたから声も出せず。そういえば生だったなw

痛くて泣きそうだったけど、だんだん気持ちよくなってきた。

突かれてるときのパンパン音と鏡に映った恥ずかしい姿をまだよく覚えてる。で、外だしして終わり。

冷静に戻りつつある頭で自分のビッチ具合にめまいを覚えてた。

「彼氏にしてよ」
「アメリカじゃ遠すぎる」

「日本に行くよ」
「ご冗談!」

出方を教えて貰って、外に出た。互いに名前も連絡先も聞かなかった。

本当に1時間半しか経って無くて、相手のプロさを知ったw

その後動揺しながらもプラン通り旅を終えて、何もなかったふりして帰国。直後に日本で最後までいったけど、あのときほど興奮して濡れなかった。

日本男の方が好きなんだけど、テクもデカさもかっこよさも、やっぱり劣る…

初体験がこういう形になったことはあんまり後悔してませんw  普段ドSなのに実はドM(強引が好き)なことを知れたし。

でもエロくなったのは確実にこの体験が原因…


PAGE TOP