未亡人の先輩OLとのエロ体験【エッチな体験談】

俺の先輩Oさん。
ちっこくて童顔で、華奢で、2個上くらいかと思ってたら、実は7個も年上で驚いた。
Oさんは結婚歴があり、俺が入社する前に「旦那さんは病気で他界した」と他の先輩から聞いた。

仕事中、タイトスカートの尻がプリンクリンッとしてて、かなりそそられてた。
旦那さん亡くなって彼氏も作らないという噂だし、もしかしたら溜まってんじゃないかなーとか妄想してた。
仕事もできるし、気さくだし、可愛いし、気に入られるために俺は相当努力して心を開かせて、股も開いてもらった。
その行程は長いし、皆興味も無いだろうし、エッチする関係になってからの話にしよう。

ただやっぱり、1度エッチの味を知ってる女がどれ程エロいモンかって、想像以上だった。

朝から自分の仕事の傍ら、新人の面倒見たりマネージャーと打ち合わせをしたりと忙しそうなOさん。
真剣で上品な顔して話をしているが、昨夜、俺の車のシートで騎乗位でガンガン腰振って、クリを攻められながら俺の玉までグショグショにするくらい溢れさせて、いやらしい顔でイキまくってたなんて誰も想像出来ないだろうな、と思うとすげー優越感が湧いてくる。

でも、マネージャとあんまり仲良さげに話をしているのを見るとムカムカしてくる。

仕事のスケジュールなど確認して問題ない事を確認したら、Oさんが席に戻ったのを見計らってメッセンジャーでエロいメッセージを送ってやる。
俺の席からはOさんの後姿しか見えないが、椅子に座り直したりしてアソコが大変な事になってんじゃないかとか、Mっ気のあるOさんがメッセージのやり取りで興奮していくのが分かる。

このやり取りの最後は、午前中だったら彼女の方から、『昼休みに倉庫で会いたい』で、午後だったら、『終業後、社外で待ち合わせたい』と、ギブアップのメッセージが送られてくる。

会社の倉庫は何箇所かあるけど、社内エッチ目的で俺らが会うのは、俺らの部署の古い資料が積んである小部屋。
誰も来ない上に鍵も掛けられるし、俺が休憩の時にボーッと音楽聴いたり、昼寝したりするのに使ってた部屋だ。

ダンボールに座ってOさんを膝に座らせる。
時間も無いのでキスしつつ即効スカートに手を入れ、パンストの上から彼女の感触を楽しませてもらう。
彼女はズボンの上から、俺のモノを握ってくる。
既に興奮して息も荒くなってるOさんのアソコは、もうタップリ濡れている。
パンストの上から下着をずらして言葉責めしつつ、クリを擦り上げ、入り口の周りから中心に向けてじっくり苛めてやる。
ザラザラのストッキングから、ヌルヌルの液が染み出して堪らない感触になる。
ブラウスのボタンを外して、ブラをずらし小振りなおっぱいを手で包み込む。
手の平の中で、硬く尖ってく乳首の感触と、それを擦られながら荒い息を吐く彼女の反応が楽しい。

今度はOさんが俺のズボンを下ろして、しゃぶってくれる。
そんなに上手じゃないが、さっきまでの凛々しい女モードからすっかりエロモードのスイッチが入った彼女が、美味しそうに俺のにしゃぶりつくのを見下ろすのはいい気分だ。

ホテルでゆっくりする場合は、顔をじっくり見ながら出来る正常位がいいが、倉庫だと定番が立ちバックになっている。
身長差があるので、手頃なダンボールを踏み台にさせて調整し、棚にしがみつかせてスカート捲り上げ、下着とパンストを膝まで下ろす。
ボリュームのある白い尻を両手でくぃっと開いて、最近許してくれたアナルと、濡れ濡れで俺のモノを待ち焦がれヒクついてるアソコを眺める。

指や舌で焦らしたり、入り口に俺のを当てたりして、Oさんがちゃんと「欲しい」と言えたら挿入。

ガンガン突きたいところだが、彼女の内側をえぐる様にゆっくり動かすと大変反応がいい。
ゆっくりじっくり突きながら、今どんなエロい光景になってるか背後から説明してやる。
角度を変えつつ片手で腰を掴んで、片手はクリを責める。
そのうちOさんから腰を動かし始める。
腰をくねらせながらアソコをクチャクチャ言わせて、声をガマンしているが、甘い息遣いが部屋に響く。

限界に近付いた時は、いつも綺麗な言葉遣いの彼女が、“ダメ”って意味のここら辺の方言で、「いけん、いけぇぇん」と声を漏らすのが堪らなくいい。

Oさんの乱れたスーツ姿と、纏わり付くように入り口が広がって、俺のを出入りさせているアソコ・・・。
耐え切れなくなった喘ぎ声・・・。

そうなってくると俺もガマンできなくなってきて、勿体無いと思いながらも、ストロークが早くなってしまう。
最後はゴム中出しか、飲んで貰う事が多い。

ホテルの時はアナル中出しとか色んな楽しみがあるが、社内でするのはやっぱエロ度が格段に違っていいもんだ。




PAGE TOP