OLの私がエッチなライブチャットをして卑猥な事をしていたのが同僚にバレた件【エロ体験】

一般事務のOLをしている25歳です。

芸能人だと、眞鍋かをりさんに

似ていると言われてます。
 
最近2年間付き合った彼氏と別れた寂しさと好奇心で、

半年前からちょっとエッチなライブチャットに登録してます。
 
男性経験は元彼一人だけで、しかも気が小さいので

過激なことは怖くて出来ませんが、マスクで顔を隠している安心感と

男の人からほめられるのが嬉しくて、

ついついペースに乗せられてしまいます。

[adrotate group=”1″]

 
慣れとは怖いもので、

最初はブラの紐をチラっと見せるのすら躊躇していたのが、

ブラ見せ→パンチラ→乳首チラ見せ、

とエスカレートしてきて、最近はほぼ毎回M字ポーズ

(もちろん下着ははいてますけど)

をさせられパンツを見せたりしています。
そして、何回かお相手した

会話運びの上手なAさんに乗せられて、

ついにおまんこを見せてしまいました。

自分でもよく見たことがないのに

「じっくり見てるよ!すごくキレイだね」とか

「濡れてるよ!」

「もうたまんない!

俺もビンビンになっちゃったよ」

なんて言われて

恥ずかしいけど、

かなり感じてしまいました。

(自分でも濡れてるのがわかりました。)

私、目が悪くていつもは

メタルフレームのメガネをかけてるんですけど、

ライブチャットの時はちょっとしたカモフラージュのために

黒ブチのメガネをかけています。

メガネOLフェチの男の人って結構居るみたいで、

リクルートスーツ姿でパンティーを見せたりすると

すごく喜んで興奮してくれてるのが嬉しくて、

ついつい色んな要求を受け入れてしまいます

Aさんにアソコを見せてしまったときも

リクルートスーツ姿で、

パンストとパンティ-を脱いでしまいました。

恥ずかしいながらも、帰宅後のチャットが

夜の楽しみになってしまっていたある日、

私は凍りついてしまいました。

その日は、気分を替えて

黒ブチメガネをかけて出勤したのですが、

昼休みにスマホに届いたメールを見てびっくり。

今日の黒ブチメガネの私の写真とチャットで

アソコを見せている私の写真が

左右の組み合わせ画像になって添付されています。

そして「やっぱり弥生ちゃんだったね。

今日のメガネを見て確信したよ!」

というメッセージが

差出人は、同じ課の先輩である

営業のBさんです。

そうです。

チャットでお相手してアソコまで見せてしまった

Aさんは、実は営業のBさんだったんです。

頭が真っ白になって、

当然返信も出来ずにいると、

「誰にも言わないよ!その代わり今日の夜8時に隣の駅前のスタバに来て」

とのメールが・・・。

従うしか選択肢の無い私は、

8時にそのスタバに行きました。

すると先に来ていたBさんは

「ここじゃ話せないから場所を変えよう」、

「万が一会社の誰かに見られても言い逃れできるようにカラオケBOXにしよう」

って言うので、言われる通りに近くの

カラオケBOXに付いていきました。

個室に入ってスタッフが立ち去ると、

Bさんは

「いやー驚いたよ!弥生ちゃんに似ているとは思ってたけど、まさかだったよ」

「でも安心してよ。俺だって会社の連中に言えることじゃないからね」

と言いました。

そして

「乱暴な事をするつもりも、脅すようなマネもするつもりはないよ。知っての通り俺にも一応彼女いるしね」

とも。

Bさんの彼女は、

同じ課の先輩のC子さんなんです。

そして「C子のこともあるから、お互いに秘密にしようね。そのためには俺も弥生ちゃんに恥ずかしいとこ見せないとね」

と言いながら、ズボンを下ろそうとします。

驚いて

「えっ?なっなんですか?」

て言うと、

「俺、弥生ちゃんのアソコ見せてもらったから、

弥生ちゃんも俺のを見てよ」

って一気にパンツまで下ろしました。

「ほらっよく見てよ!」

って私の前に差し出してくるBさんのアレは、

すごく大きくて、しかも勃起して反り返ってます。 

そして「よく見ててっ」っていいながら

右手でアレを握って

シコシコってオナニーを始めてしまいました。

しかもシゴくうちに先っぽが

透明の液で光ってきてます。

息が荒くなったBさんは、唖然とする私に

「最後だから、もう一回、もう一回だけ弥生ちゃんのアソコ見せて」

と要求してきます。

凄い光景を見せられた私は抵抗も出来ず、

チャットの時と同じようにスカートを履いたまま、

パンティーだけ脱いでM字に座り、

Bさんにアソコを見せました。

 「弥生ちゃん濡れてんじゃんうれしいよ!たまんないよ」

と言いながらシゴくBさんのアレは充血して怒張し、

今にも爆発しそうです。

そしてBさんはシゴきながら

私のスカートの中に顔を入れてきたかと思うと、

「あーいい匂い、弥生ちゃん、イくっイくっ!」

と叫び、果ててしまいました。

果てて冷静になったBさんは

「ごめん!変なことして。本当に二人だけの秘密にしようね」

と私を残して帰ってしまいました。

まさかの出来事と

「犯されずにすんだ」という安心感で

私はしばらく動くことが出来ませんでした。

どうやらBさんはちょっと変わった性癖を持つ

変態だったようです。

翌日、顔を合わせたBさんは、

少しはにかんだような表情を

浮かべていましたが、

その後も特に何か言ってくることも無く、

今は平穏な毎日を送っています。

でも私は、あの日からほとんど毎日、

BさんのアレとBさんに見られたことを思い出して

オナニーをし、その様子をチャット相手の

男の人たちに見せてしまってます。

そして、男の人たちの中には、

名を変えたBさんもいるかもしれません。



PAGE TOP