会社で一番可愛い同期にお金渡してヤラせてもらった話【エロ体験】

友人とどうしてもSEXしたくてお金渡してヤラしてもらった話。

会社の同期で、もう8年近い付き合いで普通の同僚、友人であり、皆の身近なオナネタ的存在の朋子。

エロ系って訳では無く、純白汚しちゃいたい系で、同期内で一番可愛いいのは確か!

社員旅行の水着写真やブラ透けで何回抜いたコトやらw

で、何でそんな事になったのかと言うと、実は株で年収の30倍以上利益出ちゃいまして、一週間風俗三昧・・・。

で、欲望が1回転した所で頭に浮かんだのは朋子とヤリたい・・・。

可愛い風俗嬢<身近な友人。

(どうにか出来ないだろうか・・・今なら資金はあるぞいやいやw無理でしょ普通w金の問題じゃないしいや仲も良いしダメでも冗談で済むんじゃあ無いだろか・・・)

なんて一週間近く悩んでたんだけど、その間、朋子と話す度にムラムラw

で、考えた・・・良い作戦を!

ダメでも不自然じゃ無い!

よしこれだ!

次の日、一眼レフカメラを購入!

そして

「カメラ買ったんでモデルしてくれ!ギャラは払うぜー」

コレ!

芸人もカメラ話題にしてたし、普段の付き合い的にも不自然じゃ無い・・・。

明日は日曜よしメール送信・・・しばらくして朋子

「???間違えてる??」

俺「いや、間違えて無いよ!せっかく買ったから可愛い子撮りたいからw」

朋子「よしwwギャラ10万」

俺「OK」

朋子「???へ?」

俺「いやOKだよwマジマジ」

ここで朋子からTEL。

冗談だと思って適当に額言った、マジで?どうした急に?等色々言われた。

で、俺はピンときた。

朋子は金に惹かれている・・・・だからこそ確認の電話なんだ・・・

「額は問題無い、是非練習代にw」

等を伝えると、相手が俺だしヒマだし良いよとの返事。

ただ後ろめたいのか、皆には内諸のと事。

そして翌日、待ち合わせの駅で朋子と合流。

(可愛いい…落ち着け落ち着け)

とりあえず公園で撮影との約束だけど、朋子モジモジ・・・

朋子「…ここじゃ…って誰かに見られるかも!て言うか恥ずかしい」

(狙い通り・・・)

そう、後ろめたい気持ちのある朋子からしたら人の多い公園で、しかもやった事の無いモデルなんて出来っこない。

俺「うーんそうだよねwじゃあ、どっか別の場所で」

朋子「うーん・・・」

俺「うん・・・」

俺・朋子「・・・東横・・・」

恐らく自然にそういう選択になるであろうと予想してその場所を待ち合わせに場所にした。

ビジネスホテルなら普段出張で使うし抵抗もないだろうと。

朋子「あー、何か落ち着くww」

人目から解放されてリラックスの朋子。

俺「そうだね、さすがにあんな公園は俺も素人だし恥ずかしいw」

朋子「んで、どうするの?」

俺「そうだね、どうするんだろう?ポーズとか取るのかな?」

朋子「こう?」

俺「OKww」

朋子「ww」

全身舐めるように朋子を撮り続けた。

改めてアップで見る朋子の肌の綺麗さ。(乳首ピンクなのかなーあっブラチラw)

俺「もうちょっと足をこっちに・・」

ポーズを支持するフリしてさり気なくタッチ・・・。

朋子「え?無理無理wエロいってwあたし体固いからw」

際どいポーズを要求してもそれなりに乗ってくれる朋子。

俺「じゃ、ベッドに横になって・・・手を万歳でうんそうそう・・ちょっと表情をエロイ感じで(ハアハア)」

朋子「ん・・こんな感じ?」

俺「(ハア可愛い・・・)」

朋子の横に座り、脇腹をツンってしてみた。

朋子「wwwんわビックリしたw」

俺「ゴメwwつい無防備だったのでww」

ツンツン。

朋子「んっあ、ちょっとww」

ビクっと反応する・・そのままサワサワしてみた。

朋子「・・・んん」

笑いを絶える顔から明らかに吐息を我慢する顔に・・。

朋子「ちょっと待ってストップストップ!!」

堪らずストップww

俺「wwwごめんうっかり興奮しちゃったww」

朋子「wwバカじゃないの・・ああ危なかったw」

俺「何が?」

朋子「いや・・・変な声出るしww」

俺「俺も危なかったけど、ね」

朋子「何が?」

俺「やっちゃうとこだったw」

朋子「罰金だからねw」

俺「いいよw」

朋子「??んん?」

俺「いや、むしろお願い、今、朋子とヤリたい」

朋子「wwえ?ww」

俺「今日の事は2人だけの秘密でえっと・・・今日だけの事で・・・とにかくもう結構限界っすw」

朋子の手を取り、俺のフル勃起を触らせる。

朋子「wwちょwwwえ、何でってどうすれば・・何??えーwww」

結構な要求をしたにも関わらず、戸惑いながらも引く感じでも無いので行けると思い・・・キス。

朋子「んんっ」

唇に振れた瞬間、観念したのか朋子は右手を俺に回してきた。

朋子「ホントに罰金貰うからねww」

そう言って目を閉じる朋子唇から首スジへキス。

朋子「あっ」

のシャツのボタンを外し、背中に手を回しブラを外す・・・。(ああ、これが朋子なんだ・・)

想像よりはちょい小さかったけど、処女のようなピンクの小さい乳輪と小さい乳首。

「写真も撮っていい?」

朋子の返事を待たずに数枚パシャパシャ。

朋子「恥ずかしいw」

ちょっとはにかむ朋子w

もしかしてちょっと馬鹿かも・・おっぱいを舐めずり、揉み、下半身へ手を伸ばす頃にはもう朋子のパンティーはビショビショ・・・てかお漏らし状態。

「凄いねww濡れすぎwwいつもこんなになるの?」

ぐっちょりパンティーを脱がすと既に割れ目がヒクヒク・・。

真っ白な太も揉まで汁がダラダラと垂れている・・・指を伸ばしそっと撫でると背中を反らし反応する吐息が早くなる・・・。

クリを攻め、指を中に入れると、

朋子

「ちょっとまって・・あああ無理なんだけど、・・あ」

膣が痙攣し初め、、指を締め付ける・・。

俺「いっちゃっう?」

朋子「まだ・・・だけど、あ、イキそう・・早く入れて・・」

カメラを動画に切り替え、ゴム…は無いので生挿入。

朋子の膣はびちゃびちゃで何の抵抗も無く、それでいてイク寸前のビクビクで凄い締め付け。

(やばい・・これは・・俺もすぐいっちゃう)

ハメ撮りしたかったけど、あまりの可愛さに、生朋子を見てたくて途中からは無我夢中でガンガン突いた。

朋子「気持ちいいよ・・ああああイクイクねゴメン、あぁぁぁ」

俺を抱き寄せてキスをしながら先にいってしまった朋子。

そのゴメンがあまりにも愛らしく・・俺も我慢の限界。

ぶちまけたとはこの事。

腹に出すつもりが太もも、おっぱい腕と朋子の真っ白な体の至る所にまで飛んでしまった。

と、こんな流れでした。

想像以上に朋子がエロかった。

この後無言でキスでまったり→フェラ→再開を3回・・・。


PAGE TOP