ある事件から、妻のお姉さんと不倫するようになってしまった体験【エロ体験】

去年の秋、妻の姉との出来事。

家庭の状況は、私(31歳)、妻(29歳)、

義姉(33歳バツイチ出戻り)、

妻の実家が事業をしており私は婿養子です。

週末の夜、珍しく妻の方から一緒に風呂へ入る誘いが有り、

入浴後、私の好きなSEXYなランジェリーを身にまとい、

ベッドに腰掛け、いよいよという時に妻のスマホが鳴りました。

かけてきたのは義理の姉で、時間も時間(1時過ぎ)なので

妻が仕方なく電話に出ました。

用件はスナックで飲んでいて、

知らないおっさんに絡まれて警察沙汰になったとのこと。

おっさんの方に非は有るのですが、灰皿でおっさんを殴った為、

身元引き受けで迎えに来て欲しいとの用件でした。

義姉は駆け落ち同然で結婚したのですが3年前に離婚。

現在は妻の両親と私達夫婦と義姉で同居してます。

高ぶった気持ちも一気に萎えてしまい、妻から

「悪いけど迎えに行ってくれる」と頼まれ、

仕方なく隣町の警察に向かいました。

灰皿で殴った時に、おっさんの額が切れたのですが、

厳重注意ということで身元引き受けのサインをし署を後にしました。

かなり飲んだらしく

「ごめんねぇ~ こんな時間に、親には内緒にしておいて、

出戻りで警察の厄介になったなんて恥ずかしくて言えないから」

私は無言で運転を続けましたが、

ほっぺたを突っついたりしてじゃれてきます。

「今日は土曜日だし、Hの日じゃなかったの?」

「中断させたから機嫌が悪いの?」と

見透かれたようなことを言われました。

「してないよ、こんな時間に警察まで呼ばれたら

誰でも機嫌悪くなるよ」と強めの口調で言い返しました。

「私、知ってるよ~、週末にHしてるの、

R子(妻)の声が大きいから聞こえてる時あるし、

離婚して、ご無沙汰の身体には辛いよ」

無視して車を走らせましたが長めの信号待ちをしている時に、

私の股間に義姉の手が延びてきました。

「R子の声からすると、大きいんでしょ」

「R子の声で刺激されて一人でする時もあるんだよ」と、

言い終わるとズボンのファスナーを降ろし、

トランクスから取り出したかと思うと手で擦り始めました。

「この先の○○デンキの駐車場に停めて」

妻の清純な雰囲気とは違い、セクシー系の姉。

篠原涼子をエロくした義姉の誘いに、

躊躇しましたが身体は正直で既に先走っている状態でした。

電器店の駐車所に停めると、

「先っちょ濡れてるよ」と私の顔を見てほくそ笑いました。

「大きいね、別れた旦那よりかなり大きい」と言い

手のスピードを早めました。

義姉の身体を寄せ付た時、頭が股間にいった感じになり、

「口でしてあげよっか?」と上目づかいで私の方を見ました。

私がうなずくと、濡れた先っぽを口に含みはじめました。

ジュルジュルとした音が車内に響きます。

竿舐めから裏筋と、元人妻の濃厚なフェラが脳天に響きます。

「気持ちいい?R子はしてくれる?R子よりうまい」と

聞いてきますが、気持ちよすぎて返事が出来ません。

「私の方も気持ちよくして」といいスカートのホックを外しました。

妻のくわえるだけのフェラとは違い、丁寧なフェラに感動しつつ、

スカートを脱がせると自分の方から脱ぎました。

パンストではなく太腿までの柄ストッキングがエロさを増します。

ワインレッドのショーツの上から触ると既に濡れてました。

ショーツの上から指で擦ると、「ん、ん」と悩ましい声が漏れました。

サイドが紐のショーツなので紐を解き直接触ると、

シートに滴り落ちるかと思うぐらい濡れてました。

ヒダヒダを触り人差し指をヌプっと忍ばせると、

「あぁう~ん」と先程より悩ましい声が車内に響きます。

「上も触って」と耳元で囁かれ、ブラウスのボタンを外します。
ショーツとお揃いのブラを上にずらして

妻よりかなり大きめの胸にしゃぶりつきました。

(妻80+α Bカップ 義姉90手前 Fカップ)

舌先で乳首を転がすと「はぁ~ いい 噛んで~」と言います。

乳首を噛むと、右手人差し指に

熱い液体が出てくるのが感じ取れました。

「いい いい 気持ちいいよぉ~ 触ってる上の方も触って~」

入れてる指を中指に替え、親指で大きくなってるクリを攻撃します。

「あ~ あ~ あ~ いい 感じる感じる クリ気持ちいい~」と

絶叫に近い声を出します。

「これ頂戴、お願い欲しいのぉぉ~」

シートのままでは狭いので、後を倒すからと言うと

「いや、今欲しいの入れて入れて」と泣くようにせがんできました。

シートを全部倒して、私をまたがるように指示すると、

手で支えた物を自分から導きました。

しばらくしてなかったせいか、妻より入口が狭く感じます。

騎乗位なのですぐに奥まで届いたかと思うと、

「はぁ はぁ いい 奥まで来てる あぁあぁ」と

腰を振りよがってます。

二段締めというのでしょうか、

入口と奥で締め付けられた感じがたまりません。

「後からしてぇ 後から犯して~」とせがんできました。

一度、抜いてから四つん這いにさせ、

脱がしたショーツで口を塞ぎ、一気に後から差し込みました。

「うぅ うぅ うぅ」と言葉にならない声が漏れます。

「お姉さん、こうやって無理矢理するのがいいの?」と聞くと

激しく首を振ります。

「ほら いいの?オマンコから一杯いやらしいのが溢れてるよ」と、

口を塞いでたショーツを取ると、

「いい いい もっと もっと突いて 動いて 犯して 犯して」と

泣き声で叫びます。

よっぽど欲求不満だったのでしょう。

強烈な締め付けで私の方も限界が来そうで、

「出るよ 出るよ 中に出していい」と聞きましたが、

「中はダメ、今日は危ないから中はヤメテ、口に頂戴」と。

この言葉に興奮が増し、イキそうになったところで抜き、

頭を寄せ付けくわえさせ口に放出しました。

かなりの量でしたが全部飲んでくれました。

妻とは口中射精の経験がなかったので

余計に興奮したのかもしれません。

時計を見ると3時を過ぎてます、

もう帰らないとヤバイと思い余韻にひたることなく、

車を動かしました。

車の中では何も喋らず暗黙の了解で

今の出来事は秘密といった感じです。

家に帰ると妻は爆睡でしたのでシャワーを浴び、バレませんでした。

翌朝、妻には散々な目に遭ったと報告しておきました。

義姉とはその後、妻の目を盗んでホテルに3度行きました。

強姦チックなやりかたがやはり好きなようです。

それから義姉は家に居づらくなったのか

近くのマンションを借りました。

義姉が再婚するまで暫くはこの関係が続きそうです。

妻は「マンションなんか借りて、男でも連れ込むつもりかしら」

と言ってます。

妻にバレると職まで失ってしまうので大変ヤバいのですが、

妻とのSEXより濃厚なSEXはクセになり、

義姉を徐々に調教するようになってしまいました。




PAGE TOP