28歳のキャリアウーマンが淫乱でセックスしがいがある女になっていく・・ 【浮気・不倫 エッチ体験談】

妻は、コンドームが嫌いなので、いつも、生出しで、妻のオマンコに精子を注いでました。

お陰様で結婚して5年間で、妻との間に4人の子を授かりました。

「もう、これ以上、子供は産みたくないんだけど、これからも、貴方の精液は、全部、私に出すのよ」という妻の絶っての希望と約束で、パイプカットしました。

EDや性欲減退を心配しましたが、それ以来、日に、1回、2回、3回と妻と交わり、その都度射精しても、ペニスは衰えず、
以前より精力が強くなったみたいなのです。

子供が大きくなって就学期になった頃、職位があがり、転勤命令のため妻と相談の上、やむなく遠隔地に単身赴任しました。

その時は、月に1回、妻との会う瀬が楽しみで、妻も歓んで迎えてくれて、私の精液を全部吸い取ってくれました。

溜まりに溜まった性欲を吐き出す機会が訪れたのは、単身赴任の2年目でした。

その相手は、取引先のキャリアウーマンで、学歴もあり英会話も堪能な知性豊かな才媛です。

仕事で付き合う間に御互いに意識するようになり、親しさが増して行きました。

ある夜、仕事仲間と会食した後、二人で2次会。

「彼氏、いるんだろう?」

「え、そんなの、いないわよ」

「君のような美人で頭もいい女性を放っておくなんて、もったいないな」

「何、いってんの、私、もう28才よ。これまで誰も言い寄ってこないのよ。

悲しくってて・・・私って、男性から見てそんなに魅力ないのかしら?」

「いやいや、上品な色気もあるし、…。君は、これからが女盛りじゃぁないか。

きっと君は、凄く真面目だから、恐れ多くて近寄り難いんだろうな」

「貴方のような素敵な人にめぐり合えたら、私、幸せなのにって、いつも思ってるの。

でも、そういう人は奥さんいるのよね」と、恨めしそうな眼で、残念そうに云う。

「そう云わずに、なんなら私で良かったら付き合ってみる気ある?」と、冗談半分に問い掛けてみた。

「嬉しいわ、そう云って誘われたの、私初めてなのよ」と、真剣な眼差し。

「じゃぁ明日、ゴルフの約束もないし休みだから、私のマンションに遊びにおいでよ」

「え、本当にいいの?私行くわよ」

何か”ひょうたんから、こま”見たいに思いながら、「あぁ、狭いところだけど、精々歓待するよ」と、軽い気持ちで云ってしまった。

その翌日、慌てて食材を買ってきて掃除を済ませた頃、カジュアルな服装で、彼女が訪ねて来た。

おずおずと、部屋に入り「あら、24回の最上階でベランダもついてるしシステムキッチンも、豪華ね。

素敵な御部屋ね、御掃除は貴方がなさってるの?」

「うん、週に1回、掃除のおばさん達が来るだけだから。

3LDKだけど、普段は私以外誰もいないよ」

「もったいないわね、私も、こんな部屋に住みたいわ」

「良かったら、ゆっくりしていっていいよ」

彼女が、御土産に持参した上等のワインを手渡してくれたので、「やぁ、有難う。気を使わなくてもいいのに」と、礼を言って、二人で、すき焼きを食べようかと思って、用意したんだ」

「まあ、嬉しい、御馳走にありつけるんだ」

私が料理の準備を始めると、彼女も手伝ってくれた。

「何か、新婚夫婦みたい」と、顔を赤らめて恥らっている。

デカンターに移した白ワインを注ぎ合って、乾杯。

ひとつ鍋のすき焼きをつつきながら、四方山話。

酔うほどに、一寸助平な話になった。

彼女も乗ってきて、「私本当に男って知らないのよ、この年令になって、独身ってどうかしてるわね。」悲しそうな瞳で見つめられた。

「貴方だって、ここでは一人身で、御不自由なんでしょ。御互い様ね」

食事の後始末をしようとすると、「今日は、私にさせて」と言って席を立った。

流しに向かって、皿を洗っている彼女を、後ろからそっと抱きしめた。

ピクンと身体を跳ねたが、かまわず首を曲げて接吻した。

彼女は予期していたのか、抵抗せずに身を硬くしていた。

私が舌を絡ませると、彼女はこちらを向いて、私に身を寄せてきた。

ゆっくりゆっくり手順を踏んで、首筋、胸をソフトに撫でた。

「あぁ、あぁ、ふぅ~」と荒い息をしながら、しなだれかかる彼女。

一枚ずつ丁寧に、着ていた洋服を脱がせながら、身体を愛撫した。

ベットに抱かかえて行き、ブラジャーとパンティも剥ぎ取った姿になった時、御椀型の乳房、そしてヴィーナスのようなすらりとした、餅肌のきめ細かなヌドーが、そこにあった。

彼女はこの段に及んでも平常心を装って、目を閉じ黙って、私のなぬすままになっている。

「本当にいいのか?」

その問いかけにも恥ずかしそうに、下腹部を両手で覆って黙って肯くだけ。

私も真裸になり彼女をまたいで、69の姿勢で、彼女の脚をゆっくり開こうとすると、

「ああ、恥ずかしい。こんな事、するの?私、男性に裸を見せるのも、Hするのも、初めてなのよ。お願い、優しくしてね」
と震えた声で言う。

「そうか、わかった、」

再び、添い寝をする形に戻って、乳首を舌で舐めてやった。

乳首が大きく勃起した。

なおも続けると、「ああ、感じる、気持ちいいわ、こんな感じ初めて」

内股を撫で、胸から下腹部を柔らかく、撫で回した。

同時に、ソロソロと右手で、陰毛に触った。其処は少し濡れて、熱くなっていた。

脚をゆっくり開かせて、陰毛の下のクリトリスを指で触った。

彼女は、「ウ、ウ、其処は、ダメ、ダメ、感じちゃうぅ」

「気持ち、いいの?」

「ハイ」と 素直に肯く。

かまわず、クリトリスの愛撫を続ける。

彼女は、自ら腰を持ち上げるようにして、身体の痙攣が始まった。

「ア、ア、、フゥ~、いい、其処触られたの初めてよ。貴方、御上手ね」

「君、オナニーは、したことないの?」

「えぇ、友達から聞くと、皆するらしいけど、私はしたことない」

「処で、私はパイプカットしてるから、避妊しなくても、絶対に妊娠しないから安心していいよ」

「えっ、そうなの。パイプカットって、精子は出ないけど、精液は出るんでしょ。」

「そうだよ。精子は出ないから、精力はなかなか衰えないんだ」

「えっ、凄い!結婚してないのに、妊娠したら大変よね。嬉しいわ。それじゃあ、貴方の精液、全部私に出してもいいわよ」

「いいの?本当に私のを、君に入れていいね」

こくん、と、肯く。

充分に勃起したペニスを、膣口に当て、狭い膣口の処女膜を破ってヌルリと、挿入した。

「ア、ア、痛い、痛い、許してぇ」と、身悶えしたが、

腰を押し付けて、両肩を抑え固定した。

「うん、じゃあ、やめるか?」

「いや いや、欲しい、貴方の欲しい」

ゆっくり、ゆっくり、しだいに抽送のスピードを上げて、

いよいよ、フィニッシュ。

彼女の膣の奥深くに、力一杯射精した。

いい女を征服した歓び、それと、貯まった精液を放った後の充実感を、久し振りに味わった。

その後も正常位で、もう1回射精。

更に、バックからも攻めて、思いっきり射精した。

しばらく休んでから、騎乗位の合体も手ほどきしてやった。

その日以来、彼女は私に首っ丈で、私専用の淑女になり、自分から求めるようになった。

感度も抜群で、デートの日は甲斐甲斐しく料理をしてくれるし、何回も何回も結合を求めて、その都度射精を促される。

潮を噴いて連続してイクようになり、眼を白黒させて悶えまくる。

時々、本当に失神するし、淫乱で付き合い甲斐のあるいい女になりました。


PAGE TOP