スポーツジムの顔見知りの奥さんとの関係【エッチ体験談】

平日の夜、会社帰りにスポーツジムに通っている。

筋トレマシンとか、トレッドミルとかをやることもあるが、

一番よく参加しているのは特定のスタジオプログラムである。

曜日と時間帯が同じだと参加する人の顔触れも大体同じになる。

そんなジムで参加したプログラムが終わり、

ウォーターサーバで水を飲んでいると、由美子が(仮)声を掛けてきた。

いつも僕が(42歳)参加するプログラムでよく顔を見掛けていた。

しかし、話すのは初めてだった。

ジムのスタジオの中では、

動きやポーズを確認するために2方向が鏡貼りとなっている。

彼女は決まって僕の前右側のポジションに立つことが多い。

そんな閉鎖的な空間であるので、

顔、胸、ヒップなどのボディ-ラインはいつでも観察できる。

ストレッチでは猫のポーズとかするので、

上着のTシャツの胸元の隙間から胸も丸見えとなる。

スポーツブラがよく見える。

彼女のスタイルは、どちらかというとスレンダーな印象。

小さく折り畳んだメモ紙を手渡された。

ケータイのメールアドレスが書かれていた。

その晩に何度かメールを交換した。

そして、次の土曜日の昼間に逢う約束をした。

土曜日の昼間、隣り町にあるスーパーマーケットの駐車場で待ち合わせ。

予定の時間に行って周りを見渡すと、

窓越しに彼女かな?と思われる軽自動車がとまっていた。

僕は車から降りて、彼女の車に近づいて行った。

スポーツジムでのウェア姿とは違い

ブラウス姿に、ミニの花柄のスカートスタイルだった。

僕の車の助手席に彼女を乗せる。

ベージュ色パンストに包まれた脚が生々しく見える。

脚に手をのせてみたが嫌がらないので、

スカートの裾をちょっとまくり上げてみた。

太股のところにガーターベルトの紐があるのが見えた。

もう少し、スカートを上げてみると、

股間のV字ゾーンにはブルーのパンティが見えた。

大人同士なので、「行きましょうか」とだけ告げて

郊外のラブホへ向かった。

ホテルの部屋に入るなり、いきなり彼女を抱きしめディープキス、
激しく舌を絡めた。彼女からも舌を絡めてくる。相当イヤらしい。

ベットに押し倒しスカートをまくり上げて、

パンティの股間を見たら、洪水状態で湿って濡れているのがよくわかる。

ヒップの肉が見えるTバックのパンティだった。

指を入れたらぐちょぐちょだった。

淫汁がピチャピチャと部屋に響く。

パンティをズラして、あそこがあらわになる。

クリを指で転がし、クンニしたら、悶え感じているような吐息を漏らした。

「溜まっているんじゃないの?」スカートを剥ぎ取る。

ブラウスを脱がす。パンティと同じ色のブラがあらわになる。

鎖骨周りから胸元にかけて

キャシャな感じさえするくらいスマートなボディ。

ブラとTバック・パンティ、ガーターベルト、

ストッキングはそのまま履かせたまま、この状態で犯すしかない。

そうすることを彼女は望んでいるハズだ。

彼女を膝立ちにさせて、フェラをさせた。

かり筋、玉袋を丹念にフェラ、

亀頭部をジュルジュルしながらくわえてくれる。

相当慣れているようだ。

上目遣いにフェラをしながら僕を見る。

いきそうになるが、一呼吸置いて引き抜く。

彼女をベットに寝かせて正常位スタイルで、

両脚を手で持ち上げてM字開脚から、僕の方の上に脚を掛けた。

僕のペニスは、ヌルッと彼女の中に簡単に入っていった。

でも、出し入れする度に、彼女の肉ヒダがまとわりつく。

彼女に猫のポーズからバックスタイルにさせる。

あそこは淫汁、淫臭でたっぷりだ。

僕のペニスもねじ込むというより、

ヌチャという音とを立てて

吸い込まれていくように穴に沿って入っていった。

腰とがっちりと持って、腰を前後に動かす。

打ち立てる。淫汁は増す。

淫汁も白濁した濃いのがペニスにまとわりついてくる。

ジムで鍛えているせいかヒップから引き締まった

ウェストラインは、エロく見える。

背骨の窪みに沿って指を動かす。両手で胸を揉む。

乳首を指で刺激してやると反応する。

彼女は自分で腰をグラインドしながら動かしてくる。

締め付けが強くなる。

「中に出していいか?」

「駄目っ、イヤ~、ヤメテ~・・」クリを攻めつつ、

もっとペニスの角度を変えて、腰を激しく打ち付けた。

中に出そうかと思ったが、

ジムで一緒だし、先のことを考えて、

ペニスを引き抜き、背中の上に精液を放出した。

こんな生活が続くのかな?と思い始めた頃、

彼女からメールが届いた。

「友だちを紹介していいですか?」と。

そして、この前と同じ隣り町にある

スーパーマーケットの駐車場で待っていると彼女の軽自動車が入ってきた。

彼女の隣には、

リカという清楚な若奥様って感じの人妻が乗っていた。

挨拶を交わした。

「友だちのリカに先週のこと話したら、お願いしたいって!」

「ほら、リカもこんなセクシーで恥ずかしいランジェリーよ」と

スカートの裾をめくって見せた。

リカは恥ずかしそうに下を向いていた。


PAGE TOP