友人の奥さんと浮気中、こっそりアナル挿入を試みたエロ体験【エッチな体験談】

高校時代の友人の奥さんと飲みに行った後、

時間は深夜0時になっていた。

どこかの倉庫の前に止めた車の中で、自然に抱きあいキスをした。

かなり酔っぱらった彼女を下に組み敷くと、

スカートをめくりあげ、パンティを脱がせて丹念に膣をなめた。

「早く入れて欲しい・・」との哀願に、

俺はチンポを彼女の膣にあてがうと、一気に突っ込んだ。

下半身だけ脱がされ膣が丸見えの女は色っぽい。

俺は彼女の両脚を大きく開かせ、

股を押さえつけて激しく腰を打ち付けた。

「アッ、アッ」という歓喜の声をあげ、俺の下でもだえる彼女。

激しく動く俺のチンポを味わうように、

俺の動きに会わせて腰を動かせていた。

その時、俺のチンポが膣から外れた。

もうろうとした彼女を俺の腹の下に見ながら、

一瞬いけないことを考えた。そして素早く実行に移した。

彼女が動けないように腰を屈折させ、両脚を頭の位置まで持って行き、
亀頭を膣の少し下、つまり肛門にあてがうと、一気に押し込んだ。

一度はじき出されたが、もう一度突っ込むと、

ズブリと突き進んで根本までハマった。

彼女は驚いて私の名前を口にしながら「やめて~!」と絶叫したが、

俺は構わず全身の体重をかけて彼女が動けないように押さえつけ、

肛門へのピストン運動を続けた。

最初は痛がっていた彼女だったが、そのうち感じだしてきたのか

「あっあっあっ」と短い声をあげ、顔の表情が軟らかくなった。

射精が近くなってきたが、肛門が尿道をキツク締め付けて

なかなか射精できない。

もともと彼女の膣は、とても締まりがいいので、

チンポを抜くと膣へ入れ直し、

彼女の太股に力を入れて大きく開かせ、一気に射精した。

ドクドクと膣内へ放出される精液を感じて、彼女もイッた。

性交が終わって、激しく流れ出る汗を拭きながら

初アナルSEXの感想を聞くと

「初めは痛かったけど、とても感じた」とのことだった。




PAGE TOP