車の中でスカトロプレイをする変態家族~姉のオ●ッコを飲む弟~【エッチな体験談】

「まだかな?サービスエリア…」

焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。

「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」

「我慢できそうにないの?志織…」

母絵里が心配そうに姉に聞く。

「ううん。大丈夫…」

そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。

(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)

家族で伊豆の別荘へ行った帰り、

渋滞にはまってしまった。

夏も終わりの頃であり、

そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、

その処理に時間がかかっているらしい。

実は家族とは言っても、

父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。
母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、

25の時に夫は急死してしまい以後一人で志織の面倒を見てきた。

俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。

もとが病弱であったのに加え、難産だったらしい。

俺はおばあちゃんに育てられたが、その祖母も2年前に他界した。

父45歳。母絵里36歳。姉志織18歳。俺15歳。

これが今の俺の家族の構成だ。

初めて父が母と姉を連れてきたのは半年前のことだった。

長い間、乾ききった、色の無い俺の家に原色がともった瞬間だった。

母はアパレルのメーカーで働いていて、若々しくとても30代には思えない。

姉志織は現在大学生。

スタイルもよく女優の山田優に似た感じだ。

3ヶ月前に挙式も住み、4人での新家族生活が始まった。

新しい暮らしにも落ち着き、みんなで別荘へ行こうという話しになった。

母が療養にも使っていた別荘が伊豆にあるのだ。

別荘で、海水浴、バーベキュー、温泉を楽しみ2泊3日の家族旅行は終わり、

家路についた。

「んっ、んく…、っぅう…」

車の後部座席に俺と姉が乗っている。

その姉が俺の隣で、嗚咽を上げ始めた。

「し、志織さん…。ね、姉さん…。大丈夫?」

俺は姉さんのことを、まだ照れくさくて

名前で呼んでいたりしていたのだが最近ようやく、

素直に姉さんと呼べるようになってきた。

でも時たま、名前で呼んでしまったりする。

「う、うん…。っうく…実は、結構ヤバイかも…もうそろそろ、限界っ…」

「志織。駄目よ。我慢しなさい。

この車、お父さんが私たちの為に買ってくれた新車なんだから

お漏らしなんかしちゃ駄目よ。ね。」

母が姉にそんなことを言うが、姉は半分うずくまってしまい返事が無い。

「あら、本当に仕様が無い子…。ねえあなた。なんとかならないかしら?」

「なんとかと言ってもなぁ。さっきからピクリとも動かないだろ…」

父と母も困ってしまったようだ。

「……ふふふっ。ねえ、あなた…」

何を思いついたのか、母が父に耳打ちして話始めた。

「……それでね、……○○ったら……、……△◇※……、…でね……、……」

母は何やら父に話しているのだが、内容までは解らない。

ただ時々俺の名前(○○)ってのが聞こえるような気がする。

「ふふっ。そうか…。あいつ、そんなことを…。

じゃあ、それもいいかもしれんな。」

父が納得したように何度も頷くと、俺に話しかけてきた。

「なあ、○○。今、母さんから聞いたんだが、

お前、中々変わった趣味を持ってるそうだな…」

「……??」

何のことを言ってるのか、さっぱり解らなかった。

「ふふっ、まあいい。なあ、○○。さっきから志織のやつ、

オ●ッコに行きたくて仕様が無いんだよ。お前、何とかしてやれんか…」

「…ッッ??お、俺に何とかって言われても、ね、姉さんの問題だから…」

「そこを何とかっと言ってるのだ。

お前ならできるだろ?例えば志織のオ●ッコを飲んでやるとか…」

「と、父さんっ?何言ってるんだよ!そんなことできるわけ無いじゃないか!」

「そうかしら?○○サン。○○サンならできると思うけど。っ

ていうか、喜んでしたがるかと思って私が提案したのよ…」

「え、絵里さん?お母さんがどうして、そんなこと…」

「フフッ。知らないとでも思ったの?○○サンが毎晩シテること……。」

「……ッッ?ま、まさか?」

「その、まさかよ。ねえ、○○サン。

ザーメンの匂いってちょっと拭ったくらいじゃ中々落ちないのよ。

解る?私の言ってるコト…」

(や、やっぱりバレてる…)

「私たちがこの家に来てからしばらくしてのことよ。。

志織のパンティを洗おうとしたら、何か精液臭いじゃない。

あのコももう大学生だし、

男のコと付き合ってそういうコトになってるのかなって思って、

その時はそのまま洗ったわ。

でも、それが何日も続いたのよ。

いくらあのコでも変だわって。

それで、ちょっと志織の周辺を気にかけることにしてたの。」

父も姉も何も言わず、母絵里の言うことに耳を傾けている。

姉はうずくまったままだが。

「そしたら、見ちゃったのよ。志織がトイレに入った後、

○○サン、トイレのドアに耳を当てて中の様子を伺っていたでしょう?

しかも○○サンったら志織が出た後のトイレにそそくさと入って行ったわね。

随分出てこなかったから、

私アナタみたいにドアに耳を当てて聞いちゃったわよ。

○○サンったら、志織のこと呼びながらオナニーしてたのね。

最初は何て言ってるか解らなかったけど、

確かに、言ってたわ。志織さん、姉さんって…。

それからトイレを出た○○サンは脱衣所へ向かって何やら、

ズボンから丸めたモノを取り出して、洗濯カゴに押し込んだの。

後で確認したら、やっぱり志織のパンティだったわ。

しかもザーメンの匂いがプンプンの…。

普段は優しそうな○○サンが実はこんな変態だったなんて…

○○サンが学校へ行ってる時、○○サンの部屋も調べさせてもらったわ。

色々出てきたのよ。いつ撮ったんだか、デジカメで盗み撮りした志織の映像。

お風呂上りの時のもあるし、

ミニスカートで出かける時のもちゃっかり撮っちゃって。

お布団の下からは如何わしい本もたくさん出てきて…

○○さん、おしっこモノとかお漏らしモノの本ばっかり持ってるのね。

普通のグラビアとかヘアヌードに興味はないのかしら?」

全てばれていた。俺の淫らな思い、そして変態行為の数々が…。

「ご、ごめんなさい……」

「あら?謝らなくてもいいのよ。だって○○サンは、志織のコトが好きなんでしょう?いいじゃない。本当の姉弟ってワケじゃないんだし。ねえ?あなた…」

「ふふ。まあ○○の気持ちも解らんでもないな。志織は本当に魅力的な女だからなぁ。スタイルは抜群だし、

なんかこうオンナのフェロモンを感じるよ、わっはっは…」

「もう、あなた馬鹿言ってないの…それより、問題は今の志織の状況よ。一刻の猶予も無いみたい…さあ、○○サン。

○○サンにとっても願ってもない状況よ。

オ●ッコフェチのキミが大好きなお姉さんのオ●ッコを飲ませて貰えるのよ。

こんな素敵なコトって無いじゃないっ!さぁ、志織も用意して」

(マ、マジかよ。両親公認で、志織姉さんのオ●ッコを飲めるなんて!!)

「俺、何でもするっ!ね、姉さんはいいのかな?」

「志織?いい?○○サンがオ●ッコ飲んでくれるから、足を開いてシートに上げるの。」

母に促される姉。

だからといってすぐにそうするわけにもいかない。

仮にも俺は男であり、義理とは言え弟なのだ。

その男の前に、足をひろげて大切な部分を広げろと、母が命令する。

何て倒錯しているんだ。母は俺以上の変態じゃないか。

「さ、早く。志織…」

「お、お母さん…私、恥ずかしい…で、でも、もう、本当に我慢できないの…いいの?本当にしちゃっていいの?」

「いいのよ。○○さんだって本望なんだからさ、足を開いて…」

「こ、こう?」

「そしたら、パンティを脱ぐのよ」

「…………はい」

姉の白い足が見える。

俺の胸の鼓動が高まる。

姉のパンティに手がかかりゆっくりと下ろされる。

「今度はかかとをシートに上げるの。できる?志織?」

「………うん、お母さん、……こう?あぁっ、やだっ…やっぱり恥ずかしいわ…」

(……ッッッ!!!)

俺の興奮は絶頂に達していた。

俺の横で、大好きな姉がM字開脚しているッッ!!

(姉さんっ!志織姉さんこそが俺の最高の女王様だっ!)

「さ、○○サン。今度は○○サンの番よ。ちょっと狭いけど、志織の前にうずくまるのよ。」

「……わ、わかった、母さん。俺、志織姉さんの前に座るよ。いい?姉さん?」

「……んっ、……ぅ、…ぅん……」

極度のホウニョウの我慢と、

弟の前にM字開脚をさらしているという羞恥で、

姉の顔は真っ赤になっていた。

俺は唾を飲み込みながら姉の前に移動する。

さすがに車の中は狭く姉の前に来ると前屈みになってしまい、

必然的に俺の顔は、

M字開脚している姉の秘部の前に押し出されてしまった。

(ふっふぅうぅ~むぅ)

俺は鼻息を荒くして、姉の前に鎮座した。

(さあ、いつでもいいよ。姉さん。姉さんの大切な聖水、一滴残らず、飲み干すよ)

「志織、○○サン。準備はOKね。さあ、志織ッ!その変態ボウヤにオ●ッコをかけてやりなさい!」

(く、来るッ!姉さんのオ●ッコ!!)

姉の表情が歪んでいる。

もうこれ以上オ●ッコ我慢できない。

でも、こんな恥ずかしいことしていいの?……そんな思いが一緒くたになっている。

姉の眉間に皴が入っている。

口元がゆるみ始めた。

姉の柔らかそうな舌が見える。

これだっ。

この表情が俺はたまらなく好きなのだ。

俺がオ●ッコフェチなのは

即物的にニョウを好むのではなく我慢して我慢してそれでもお漏らししてしまう時の

女性の表情に猛烈に感動してしまうのだ。

しかも今はその女性が最愛の姉・志織姉さんだっ。

俺は至福の喜びで、姉の秘部に口を差し出した。

その、一滴をも、こぼさない様に思い切り口を広げた。

両手で姉の太ももにしがみついた。

「さぁ、来てッ!姉さんっ!姉さんの!俺にかけてくれぇえぇええ!」

その時だった。

姉の部分から、黄金色の液体が噴出された。

最初の1~2滴こそ、下に垂れてしまったものの

後は思い切り飛んできたのでそれを余すところなく口で受け止めた。

余りにも勢いがよく、俺の喉奥深く直撃し、

むせてしまったがそれでも俺は姉の聖水を受け続けた。

この幸せな時がいつまでも続けば良いと、俺は思った。

その思いに応えてくれるかのように姉のホウニョウは続いた。

どれくらいたったのだろう。

実際は30秒から1分の間だろうが

これまでの俺の人生の中で最大の喜びに満ちた時間だった。

だがそれも終わりに近づいていた。

姉の黄金水が描く放物線が段々と小さくなっていた。

(もう終わりなんだな…)

俺はしぶきを受けながら、口を姉の秘部に近づけた。

最後の一滴まで頂くために…。

と、その瞬間、

最後のホウニョウは勢いよく放出された。

顔を近づけていた俺の口元を超え、それは鼻にかかった。

鼻の穴にも姉の聖水が入り込んだ。

最後の最後で姉のホウニョウは勢いを増し、俺の目に飛び掛った。

(あぁ、姉さんのオ●ッコが俺の目にぃ…)

ちょっと、染みるような感じもしたが俺は最高に感動していた。

そして俺は涙を流していた。

「ね、姉さん。ありがとう。こんな俺に姉さんの聖水をかけてくれて…」

姉の聖水と俺の涙でぐしゃぐしゃになりながら俺は歓喜の声を挙げていた。

「……んぅ、…っく、…アリガト…、○○クン。姉さんの、…飲んでくれて…。美味しかった?」

「う、うん。美味しかった!志織姉さんのオ●ッコ、最高に美味しかったよ!」

「フフッ。二人とも楽しんだようね。でも○○サン?まだ終わりじゃないのよ。志織のオマンコ、オ●ッコで濡れたままでしょう。○○サンが綺麗にしてあげなさい。解った?」

「え?き、綺麗にするって?」

「わかっているでしょう。○○サンの舌で舐めて綺麗にしてあげるってことよ」

俺にとっては願ってもないことだった。

「ッッ?ね、姉さん、いい?姉さんのココ、舐めて綺麗にしてもいい?」

「……ぅん…。○○クンには、恥ずかしいところ全部見られちゃったから、いいよ。志織のココ、綺麗にしてくれる?」

「わ、わかった!じゃあ、まずはここから」

俺はM字開脚のままの姉の秘部を舐め始めた。

まずは水滴に濡れた、陰毛を舐め回す。

「ちゃぷっ、ちゃぷっ…」

「ぁあっ、……、そんなぁ…」

「次はここだ」

まだ、しとどに濡れている姉のクレヴァスに俺は舌をやった。

「ひいぃっっ、……、」

思わず身を悶えながら声をあげてしまう姉。

「ね、姉さん。じっとしてないと綺麗にしてあげられないよ」

「だ、だって、○○クンがいきなりそんなトコロを…」

「じゃあ、次はココを綺麗にしよう」

俺は姉のクリトリスに焦点を当てた。

指でつまみあげて、剥き出しにしたクリトリスに俺は舌を当てた。

「ちろっちろっ…、ちろっ…」

「はぅっっ!……」

姉の腰全体が俺の顔にぶつかってきた。

俺は姉の秘部に顔をうずめながらもクリトリスへの攻撃を続けた。

「ちゅぱっ、ちゅぱっ、れろぉ、れろぉ…」

「あん、あぁん、はぁあん、ふぅうん…」

俺の攻撃と同じテンポで姉の声が淫らにこだまする。

「あらあら、このコたちったら……私は綺麗にしてあげなさいって言っただけなのに。仕様が無いわねえ。○○サン。こうなったら、ちゃんと志織のことイカせるのよ」

母の声が、うっすらと聞こえた。

俺は夢中になって、姉への愛撫を続けていた。

姉の体の様子が変わってきた。

腰が激しくグラインドしてる。

前後に、左右に、そして回転ぎみに。

俺は猛然と姉のクリトリス、クレヴァスに舌と指で刺激を与える。

姉の腰が宙に浮いたように硬直した。

俺の舌が姉のクレヴァス奥深く突き刺さる。

「ぁあっっ、…ぅくふぅっ…」

姉は絶頂に達していた。

ピクッピクッと姉の体が痙攣している。

「あら、志織。イッったのね。○○サン。志織にキスしてあげなさい。オンナのコはねイッた時にキスされると最高に気持ちがいいのよ」

俺は姉の淫液でびしょびしょになった口を姉の唇に近づけた。

「ね、姉さん……」

「…ぅぅ……、○○クン……」

俺と姉はそのまま抱擁を続けた。

このままずっと、こうしていたい。

この時がずっと続けばどんなに素敵だろう。

俺は姉と舌をからめながら夢想していた。

恍惚としている俺に母絵里が言った。

「ねえ、○○サン?私もオ●ッコしたくなっちゃったわ…」





PAGE TOP